アフロビートとは

アフロビートとは、ファンクやジャズ、アフリカミュージックを取り込んで、フェラ・クティによって生み出された音楽のジャンルです。
アフロビートは前述したように、ファンクやジャズ、アフリカミュージックを取り入れた音楽ですが、アフロビートの創始者であるファラ・クミィが政治的思想や黒人解放のメッセージを世の中に発信するのにも使われました。

アフロビートの歴史について

アフロビートはナイジェリア出身のミュージシャン、フェラ・クティによって生み出された音楽です。そのため、アフロビートの歴史とは、フェラ・クティの歴史と言ってもいいかもしれません。
フェラ・クティは自身の音楽を「アフロビート」と名付け、国内での政治や宗教、黒人差別に対する怒りを音楽という形で表現していきました。
フェラ・クティは音楽活動を行っていくうちに、活動家としての側面を強く持ちはじめ、当時は黒人差別に対する活動がアメリカで盛んになっていたことも影響の一つだったようです。

反骨精神を表した音楽

現代でもアフロビートは多くの人に根強く指示されている一つの理由として、体制に対する反骨精神を音楽で表現していることも影響しています。
そのためか、ミュージシャンの中にもアフロビートに影響を受け、反骨精神を表に出した音楽を歌っている人も多くいます。
また、音楽としての魅力も大きいため、様々なジャンルのミュージックにアフロビートの影響が現れています。